滋賀県国際協会への「身近な法律ハンドブック」の「やさしい日本語版」「英語版」の贈呈式

2019年10月10日(木)11:00より滋賀県国際協会において、草津市国際交流協会よりの「身近な法律ハンドブック」の「やさしい日本語版」、「英語版」の贈呈式が行われました。

草津市国際交流協会の南会長、全国青年司法書士協議会の松井理事、前草津市国際交流協会会長の白井滋賀県議会議員、滋賀県総合企画部国際課の白井課長立ち合いの下、南会長より滋賀県国際協会の馬場事務局長に、「やさしい日本語版」「英語版」が各400部贈呈されました。

滋賀県国際協会を通じて、滋賀県下の各国際協会に配布され有効に活用されることを期待しています。

次週10月15日には立命館大学国際課に各50部を贈呈し、留学生にも活用して頂けるようにします。

草津市国際交流協会としては、英語版以外の多言化も次の課題として前向きに取り組んでいきます。

贈呈式には京都新聞社と朝日新聞社の記者の方も取材に来て頂きました。