ブラジルDAYを開催しました。

2019年8月25日(日)に、草津市立まちづくりセンターで、ブラジルの文化を学んで体験するイベント、「ブラジルDAY」を開催しました。

午前中はブラジル料理を教えてもらいながら調理をして、みんなでいただきました。ブラジルではご飯もよく食べるのだそうで、この日もご飯を炊きました。でも、日本と違い、ガーリックで風味付けをして、あまり柔らかくならないように炊き上げました。また、つぶした豆のソースと絡めながら食べるのも日本と違うところです。

バナナのフライは、とても甘くておいしいのですが、これもおかずとして、トマト・きゅうり・玉ねぎの酢の物サラダと一緒に食べました。

お昼からは、ブラジルの文化についての講座を聞いた後、カポエイラというブラジル発祥のダンスを体験しました。カポエイラは、格闘技と歌やダンスがミックスされたスポーツです。戦っているように見えますが、相手を傷つけずにコミュニケーションを楽しむスポーツです。明確な勝敗を付けず、互いを尊重し、エネルギーを出し合うことを目的としているのだそうです。また、「礼に始まり礼に終わる」という日本の武道にも通じる精神があり、ブラジルでは学校教育にも取り入れられているそうです。
詳しくはこちら
https://kyoto-capoeira.com/

参加してくださったみなさん、料理を教えてくださったブラジル出身の皆さん、京都カポエイラアカデミアの皆さん、ありがとうございました。