草津市国際交流協会「Worldたぶんカフェ・ファイナル」を開催しました。

 

平成29年1月15日(日)、前日よりの寒波の襲来で草津市でも5cmを越える積雪に見舞われました。
その雪で参加者が減ることが懸念されましたが、予定通りに外国人15名と日本人50名の計65名が参加して「Worldたぶんカフェ・ファイナル」が開催されました。この事業は文化庁助成事業「生活者としての外国人」のための日本語教育事業の平成28年度事業の集大成として行われました。

橋川草津市長、中嶋市議会議長に挨拶によりスタートしたワークショップは「子育て」「働く」「暮らす」のテーマを掲げた7つのテーブルに9より10名の参加者(草津市議会議員の方も12名が参加)が集い開始されました。

それぞれのテーマは、昨年にUDCBK(アーバンデザインセンターびわこ・くさつ)で開催された3回の「たぶんカフェ」のテーマ「外国人ママと日本人ママが子育てについて語る」「草津で働く外国人より見た日本人の仕事観」「留学生と地域住民が考えるまちづくり」を受けた内容となっていました。

「たぶんカフェ」参加者代表3名による各回の内容報告を受けて、各テーブルではファシリテーターの下で各回25分のワークショップが3回行われました。
参加者は、各回ごとに違うテーマのテーブルに行き、異なる人たちとの会話で交流の輪も大きく広がりました。

各テーブルのファシリテーターより、そのテーブルでの話合いの内容が報告され、最後にKIFAの南会長よりファイナル全体の講評を話していただき、無事にイベントを終えました。

今回は初めての取組でしたが、幅広い方々が参加いただいた有意義なイベントとなりました。

KIFAでは平成29年度も「生活者としての外国人」のための日本語教育事業を申請しており、採択されましたら3年間事業の集大成として事業をまとめ上げる予定をしています。

 

「Worldたぶんカフェ・ファイナル」の様子が朝日新聞と京都新聞に掲載されました

新聞記事「Worldたぶんカフェ・ファイナル」

15940468_235831746863186_2290462481748642481_n[1] 15940677_969349823209956_3292464610409618899_n[1] 15941254_969349903209948_1495542496986956793_n[1] 15941495_1850388371904255_4501673780446861152_n[1] 15965509_969349856543286_8836017892836419448_n[1] 15965852_1850388351904257_7445687017076389049_n[1] 15965879_1850388335237592_6665707147131247119_n[1] 15966149_969349953209943_7178301294502156375_n[1] 15977162_969349849876620_1977542177684059059_n[1] 15977302_969349773209961_5380134800351245951_n[1] 16105651_969349973209941_4807431034546833319_n[1] 16114341_1850388375237588_6110302882106548596_n[1] 16114464_969349939876611_3958914476486258620_n[1] 16003177_235834320196262_4019607355396890369_n[2]15978057_1408901582453167_3323109099476792986_n[1] 16003119_969349816543290_6403219200941774949_n[1]