日本語ひろば「きずな」お花見イベント

三井寺(天台寺門宗総本山園城寺)に花見に行ってきました。

4月5日(日)、日本語ひろば「きずな」の新年度初めてのイベントとして三井寺の花見が開催され、雨にもかかわらず21名が参加しました。
京 阪三井寺駅に着いた時は雨が止んでおり、留学生の皆さんは長等山にかかる霧を背に咲き誇る桜の花に思い思いシャッターを切っていました。それから、大津と 京都を繋ぐ琵琶湖疎水に映る桜の花を背景に記念写真を撮ってから三井寺に向かいました。三井寺では金堂の弥勒菩薩や毘沙門天などの仏像を拝観したり、再び 降り出した雨に咲く美しい桜の花をカメラにおさめたりと楽しみました。昼食は花見につきものの酒もなく雨を避けて観音堂の脇にある絵馬堂でとりました。し かし、その頃から雨足が強まり気温も下がってきたので予定していたゲームもとり止めて、雨を恨めしく思いながらそれぞれ家路につきました。
雨でしたが、参加されたメンバーはそれなりに楽しまれたと思います。しかし、次のイベント時には晴れて、もっと多くの人が参加されることを願っています。