多文化共生部会「留学生とのバスツアー」

6月28日(日)、梅雨の合間の曇/晴れの天気の下で今年度1回目のバスツアーを実施しました。
昨年に引続き「留学生と地域住民が一緒に学ぶ滋賀の自然と環境PART2」として、公益財団法人中島記念国際交流財団の助成を受けての開催です。
今回はバス1台の計画のために、案内開始と直ぐに定員40名が一杯になるというような盛況でした。
京都衣笠よりの学生も含め留学生20名と外国人6名、日本人15名計41名でのツアーでした。

草津を9時に出発し比叡山に向かいました。到着後比叡山会館で全員で座禅の体験をしましたが、20分の座禅時間が短く感じられる「心を落ち着かせる」素晴らしい体験でした。静かな雰囲気の中、警策の音が涼やかに響き渡りました。
座禅体験後、比叡山東堂を1時間にわたり散策し、根本中堂での「不滅の法灯」に感動しました。
その後、峰道レストランでの楽しい昼食時間を過ごしましたが、ラマダン中の留学生2名は展望のきくテラスよりの写真撮影に夢中でした。
午後より比叡山西塔、横川をそれぞれ散策した後、奥比叡ドライブウェイを通り、堅田の浮御堂を見学した後帰途につきました。

比叡山東堂散策時に、通り雨にあいましたがその後は太陽が降り注ぐ暑いくらいの天気の中、楽しいバスツアーを終えました。

今年度2回目は11月15日(日)で計画しており、バスは2台(定員80名)の予定です。
9月には案内をしますので奮って参加ください。